バイク=趣味=自己満足


by yumenoniziru
カレンダー

<   2012年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ちょっぴりインターバル

今月はかなり更新できたと思います。
まぁ半分近く中身の無い無駄話での水増しだったのだけれども

来月からもなるだけ休まずに更新していけたら

いいなぁ


さて
とりあえず、エンジンは乗ったということで
一段落な訳ですが、まだまだやることは山積みです。

給排気系だの電装系だの外装だの塗装だの何だのと残っています

とりあえずアスパラが元気になる前に走りたいです
[PR]
by yumenoniziru | 2012-02-28 21:38 | VRX750

エンジンの秘密

何となくお分かりいただけてると思いますけども

シャドウのエンジンとVRX(スティード)のエンジンって要所要所が違ったりします。
主にサイズが
a0095427_1936937.jpg

見て(分かる方には)分かる通り、シャドウのエンジンて

デカいのです。

最初はパッと見でサイズ的にもしかして
「これVRXのフレームに入らないんじゃ・・・」
と、少し不安になり
サイズを測って
「これマジで入らないんじゃ・・・・・!?」
と半ば絶望し。

このエンジンが無駄になる事が現実になるんでなかろうかと、最悪に凹んでいた時がありました。
しかもその気分のままVRXのエンジンを載せ直さなきゃいけないというオマケ付き。

でもふとある事に気づくのです。

あれ?
ここのボルト外せば・・・・・・何とかなるんじゃね?



a0095427_19423763.jpg

a0095427_19424957.jpg

何とかなりました。

その立派なフィンはダミーだったのかい?
中身はブロスのようにツルツルのシリンダーだったのかい?
っていうかむしろVRXのエンジンよりスリムだったのかい?
着太りするタイプだったのかい?


という経緯がありつつ、何とか載せ代えに至ったのでしたとさ


ちなみにクランクケースカバーは
シャドウのメッキよりVRXのアルミの方が好きだったので
カバーだけ交換しようと思ったのですが、何だかACジェネレータ側(左側)が
ACジェネレーターの厚さが違い、その分カバーの深さが違ったので
意外にもそちらは流用不可でした(取り付け穴の位置は同じ)
[PR]
by yumenoniziru | 2012-02-27 19:48 | VRX750

エンジン乗せ替え

さて、
とりあえず下準備は済ませたと言う事で、
載せ替えにトライです!

っていうか流石、鉄の塊。
重い。 くっそ重い! 

VRXエンジンを降ろすときは、エンジンが落下しないように雑誌を敷き詰めて
その上を、うんとこどっこいしょ とズラすように移動させることが出来たのですが

さすがに載せるときはちゃんと持ち上げなきゃいけません。

コツをつかめばそれなりに持ち上げられるんですが、かなり重たいです

a0095427_15511461.jpg

とりあえず持ち上げて、お尻のほうから突っ込んでみる

でも、干渉します。要所要所でステーだの当たって、なかなかこの状態から進展しません

ん~ って感じです。


よく見ると干渉してるのはカバー部分。
って事で、一旦エンジンを降ろして、クランクケースカバー(左右)とシリンダーヘッドカバーを外します。
そこで、ゴミだ何だが入っちゃわないように一応ビニールとかでカバーをして

(写真はないヨ!)

もう一回トライ!
するとどうしたことでしょう。
エンジンが軽い! っていうか想像以上にカバー類って重たい。

そのままエンジンを突っ込んで、ズリズリと動かしていると
するんとハマッしまいました。

で最初にピポットボルトから入れると、やりやすいと聞いたので、
ピポッドボルト→フロント側のボルト×2をはめ込んで
a0095427_15573794.jpg

付きました!

唯一リアシリンダーを固定するステーが合わなかったですが
それは要所要所を削ったり穴を広げたりしたら付いたのでOK


コレでシャドウ750のエンジンも、エンジンマウント的には流用可能な事が実証されたのでした
[PR]
by yumenoniziru | 2012-02-25 16:01 | VRX750

下準備 2

更にパーツを見ていきます。
と言っても、VRXに接続するパーツなんてそう幾つもあるわけではないですしね。
エンジンマウントも乗せてみなければ、乗るか分かりませんし。
a0095427_77637.jpg

いきなりの加工済み画像。
ウォーターパイプです。
シャドウとVRXのパイプを比べてみると、シャドウのが一回り太いようです。
しかも片方は先端がカーブをしてるため、若干ウォーターホースの取り回しが違ってきます。

今回VRXのラジエターホースを流用するため

シャドウ用のパイプも数cm切断し、VRXのパイプも先端をちょっとだけ(返しの部分まで)切断。
そしてシャドウの切れ端をVRXのパイプに被せます。
取り付け部から大体15cm(くらいだったかな?)に合わせて溶接!
溶接しなくてもかなりギチギチなサイズ感です


a0095427_765126.jpg

まぁ、穴は無いはず。


ちなみにウォーターポンプの穴サイズは一緒でした。
[PR]
by yumenoniziru | 2012-02-24 07:21 | VRX750

下準備 1

さて、早速シャドウのエンジン各部チェックして
VRXのエンジンとどこまで相互性があるか確認します。

というか違うところを確認します。

まず明らかに違うのが
a0095427_7295145.jpg

シリンダーヘッドカバー
右がシャドウのですが、明らかにデカイです。縦にも横にも
そしてなにより、よく分からないチューブの取り付け口があります。
カバーそのものの取り付け部のサイズは一緒なのですけどねぇ

でヤフオクにて
a0095427_7322474.jpg

片方千円でした。 
ヘッドカバーにスティード系とシャドウ系があるとするならば、シャドウ系の一品

もともと何のカバーなのか分かりませんw
スティード、VRX、ブロスのものとは違います。
年式の違うシャドウのものなのか、それともトランザルプとかそっち系なのか
定かじゃありません。
でもぴったりフィットです。


大分くすんでたので
a0095427_7355493.jpg

グラインダーにワイヤブラシを取り付けて軽くお掃除

メッキのピカピカ風味より
アルミ地の若干くすんだ風味の方が好きです
[PR]
by yumenoniziru | 2012-02-23 07:37 | VRX750

エンジン

おはようございます。
早速ですが、
一時期VRXは
a0095427_8153163.jpg

こんな風に丸裸にされていた時がありました。
エンジンの下ろし方の手順は、他所様のサイトを参考に

最初は単管でエンジンハンガーを作成しようと思ったのですが
何気にそれを造る費用も馬鹿にならなそうだったので
今回は自力です。

基本的に作業に夢中になってしまう為、写真は少ないですわよ

なぜ今回エンジンを降ろしたかと言うと

これ
a0095427_8143236.jpg

エンジンですね

シャドウ750のエンジンです。
そう今回、VRXの大型化にチャレンジです!

既にスティード600・ブロス650等のエンジンを載せた先人達がいらっしゃいますが
私はシャドウを載せる人柱になってみようかと


まずはじめに、ヤフオクにて購入したのは
エンジン・キャブ・メインハーネス(共々シャドウ750用)
ちなみにシャドウの歴史を前期・中期・後期に分けると
中期(大体2000年前後)のエンジンです。RC-44と呼ばれる型式のもの。
これはキャブ仕様で、駆動がチェーン式(前期・後期の駆動はシャフトドライブ式になるので多分流用不可かと)

いやぁ、不安ですね! シャドウのエンジンって見た感じ大きいんだもの!!
今は大分作業工程が進んでいるのですが、一気に載せちゃうのも
ネタが無くn・・・・・・・書くことが無くなので今回も小出しにしていきます。


特に言い直した意味はありませんが
カテゴリにVRX750という項目を追加しときます

そう
[PR]
by yumenoniziru | 2012-02-22 08:28 | VRX750

そして・・・・・・・

大型デビューできるかもしれません!


うまくいけばの話ですが
詳細は追々
[PR]
by yumenoniziru | 2012-02-20 08:03 | バイク

遍歴

先日バイク遍歴をつらつらと書いてみたので

今日はmyVRXがどう変化していったのかを見てみようと思います
a0095427_7381499.jpg

まずはノーマル。
この状態で約一年過ごしました。
ノーマルマフラー結構いい音します。

a0095427_7405348.jpg

第二形態。
ヘッドライト交換・マフラー自作(?)・前後フェンダー変更などなど

見た目的にも方向性的にも一番方まとまっていた時期。

a0095427_747115.jpg

a0095427_7471530.jpg

a0095427_7473769.jpg

a0095427_7482821.jpg

第三形態の数々。
基本的にちょくちょく仕様が変わる。ちなみにキャリア一個作るのに500円掛からない。
一切の迷い無く全力で迷子中。


そして・・・・・・・・
[PR]
by yumenoniziru | 2012-02-19 07:50 | VRX

バイク歴

私の過去にお世話になったバイクを紹介したいと思います。

あら、興味ない?
でも多分、別の話題はもっと興味ない事だったりするよ!


さて、
まず最初に16の時に原付免許をとったのが始まりです。
その時の愛車は
a0095427_20573318.jpg

HONDA:today(50cc)
すごい便利でした。基本的に遠出したりはせず、ちょっとした買い物や通勤(バイト)通学に使用。
一台欲しいな、原付。

17歳のときには中型免許取得
a0095427_211070.gif

HONDA:フォーサイト(250cc)
意外にも(?)初中型はこれ。叔父さんのを借りて乗っていました。
叔父「今年一年分だけ保険払っといてあげるよ」
と言う事になり、ありがたく乗り回してました。でも来年、私がこのバイクに保険を払うことはありませんでしたw

ちなみに、私の高校時代はビグスクブーム最盛期。
実は当時silverwingに憧れていました。次第に熱が冷めていったけど、ライトを横ではなく縦に配置するあたりに名残があります。
どうでもイイけど、メアドにsilverwingと使っている為、中二病っぽくて少し恥ずかしい。
でも替えるの面倒なので替えません!

で、18になるのと同時に大型免許を取得しました。
その時乗っていたのが
a0095427_219579.jpg

SUZUKI:GN125(125cc)
初めての新車。と、言っても下手な原付を買うより安かったりします。
だって生産元は中国の「大長江集団」だから~。
でもエンジン設計は日本なので、8000kmほど乗りましたが全然問題ありませんでした。
初めてキャンプツーリングをしたり、高校卒業記念として東北一周をしたりしました。
法廷速度巡航は楽々なうえ、長距離ならリッター50kmをたたき出す経済性を持つバイク。

その後、進学先の大学寮の駐輪場は50cc以上のバイクNG!
ということで
a0095427_21173314.jpg

HONDA:カブ(50~100cc)
ホンダの代名詞。スーパーカブに乗り換え。
これで秋田と山形を何往復もしたんだから、今考えるとたいしたもんだと思う。
本格的にカスタムに目覚めたのもこの頃で
a0095427_21201762.jpg

方向性はツアラー。荷物満載ドンと来い! 仕様。
エンジンもタイカブの100ccに載せ代えてました。

でも何でこんな所が? という場所が壊れて、ただ今冬眠させ中。
フレームさえ手に入れば復活可能。
次はオフ車仕様にしたいな!(懲りてない)

その故障を機にVRXに乗り換え

今に至る
[PR]
by yumenoniziru | 2012-02-18 21:22 | バイク

ホームセンター

よくホームセンターさんのお世話になります。

よく見るとラインナップや価格に差があって面白いですよね


・木材カットが無料(セルフ)で近場の J
・鉄材が豊富で全体的に価格も安く、でもちょっと遠い M
・特に見所無いけど本屋とか100均の近くにある D
・遠いけど鉄棒が安く、規模が大きい K

先日、木材以外見所がないと思っていた J にて銀ロウが安くなってるのを発見
他のホームセンターでは二千円前半だったのですが、それより500円くらい安かった

グレードが低い商品なだけだったのかしら・・・・・・・


でもそうやって、これはどこが安いかって把握してると便利で楽しいです
[PR]
by yumenoniziru | 2012-02-15 08:03